知識情報処理研究室(奥村研究室)のサイトへようこそ!

 当研究室では、人間の持つ「知識」をコンピュータに持たせるための研究を行っています。特に、「言葉」に関する知識を付与する過程で必要となる自然言語処理の技術をどのように活用していくか、知識から推論を行うためのシステムをどのように構築していくか、既存の知識を動的に拡張するにはどのようにすればよいのか、など、「知識」に関わる研究テーマを広く取り扱っています。

 最近の奥村の興味は、ブログやTwitterなどの著者の性格を投稿データから推定する手法についての研究や、顔文字を適切にシステムとして取り扱うための基礎技術の開発などにありますが、主たる研究テーマは「概念連想」です。人間らしい連想機能をコンピュータに持たせることで、人間とコンピュータのコミュニケーションを円滑にしたいと考えています。

新着情報

MMCXイヤホン(SHURE AONIC 5)の接点復活作業

ライトセーバーといえば、やっぱりダースベイダーモデル(赤)ですよね(思い込み)

ウォークゲームでの表示領域の違いに注目(初代Titanの素晴らしさ)

赤穂市のパティスリー・ノアで「ももたろう」を堪能した

初代Titan用のスマホリング

寝ウォークには必須のディスプレイ保護アプリの紹介

Titan slimが着弾してからちょうど3週間なので、普段使うアプリでも紹介しましょう

町家カフェ燦々に行ってきた

WF-1000XM4(SONY)のイヤーチップ事情

ドラクエローソンに行ってきた(日本橋なんさん通り店)

Titan slimは2.4GHz帯と仲が良くないらしい

Titan slimのSIMスロットはちょっと違和感があるかもしれない

Android使いなのに全く知らなかった解像度(DP)の変更方法

ここへ来て初代Titan(Unihertz)の存在感が増してきた

Titan slimが分厚くて全然スリムじゃないという風潮があるが私はそうは思わない話