Research

 当研究室で取り扱っている研究テーマを紹介します。知識工学的なアプローチを基本として、連想知識の構築、常識知識の構築を進め、自然言語処理的なアプローチからの拡張を目指しています。

Concept association

 人間が言語を用いて円滑にコミュニケーションを進めるための基盤として、「連想能力」があると考えています。人間の連想能力をコンピュータ上で模倣することができれば、より人間らしい判断を可能とする新しいコンピュータを構成することもできるかもしれません。当研究室では、連想能力をコンピュータに付与するための機構として概念ベースの研究を続けています。現在では、Word2Vecなどの分散表現による語の定義が盛んに行われていますが、概念ベースでは語の集合によって連想語群を定義し、連想能力を持たせようとしています。

  • Main literature list
  • Main literature list
  • Main literature list

Emotion analysis

 コンピュータと人間がより親密に関わるためには、人間が感じている感情をコンピュータに解釈させる必要があります。感情表現には多数のモデルがあり、現在進めている研究では、Plutchikの感情の環のモデルに基づいた感情解析を行っています。感情解析の基盤となる知識は人手で作成し、知識ベースを自動拡張、更新することによって、様々な表現に対応した感情解析を実現しています。

  • Main literature list
  • Main literature list
  • Main literature list

Emoticon analysis

 文字ベースの情報交換において、顔文字や絵文字などの非言語表現が活用されています。近年ではLINEやFacebookなどで利用可能なスタンプがその代用となりつつありますが、サービスに依存しており、即時的に利用可能であるとは言い難い状況です。当研究室では、Webをはじめとして無数に存在している(既に10万種類以上確認されています)顔文字を徹底的に分析し、新たな顔文字が生み出される過程をモデル化しようとしています。

  • Main literature list
  • Main literature list
  • Main literature list

Other Research Themes

  • 推理小説の犯人推定に関する研究
    子書籍が一般に普及してきている反面、小説に関する口コミ情報などはユーザ自身が書き込まなければ活用できない状況は変わっていません。このテーマでは、推理小説に着目し、犯人の推定しやすさから小説の難易度を評価し、ユーザに推薦するシステムを目指しています。
  • Theme list
    An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here.
  • Theme list
    An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here.
  • Theme list
    An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here.
  • Theme list
    An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here. An explanatory note enters here.

Recent blog post

Blog archive

Blog category