コロナ太り解消記録(その88:寒い……)

投稿日:2022年01月13日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

このところ随分冷え込んでおりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は以前に長野県に住んでいたこともあり、寒さにはある程度耐性があると思っているのですが、やはりそれも高機能な断熱材=皮下脂肪のお陰だったんだろうなと改めて思っています。素晴らしいお肉という断熱材がなくなってしまった結果、最近は人並みに寒さを感じるようになってきていて、厚着になりつつあります。

小学校の頃に、どう見ても半袖短パンみたいな同級生がいたりしませんでしたか?

半袖は少ないかもしれませんが、なぜか年中短パンという友達はどこの学校にも必ず居たように思います。あ、私の身の上話をしても仕方ないですが、小学校を3校変わっているので、色んな地域の小学生と触れあったことがあるんですよ。親の都合なのであまり嬉しくはなかったですけど、地域の違いとかを知れて良かった面もあります。

どの小学校にも、必ずそういう冬でも半袖短パンマンが存在していました。今思えばよくあんな寒い格好で小学校時代を過ごせたなと思います。地球温暖化の影響かどうかは知りませんが、小学校時代の方が寒さが厳しかった気がしますし。今頃の小学校では「ストーブ」ってあまり見ないんですよね。もちろん寒冷地では使用されていると思いますが、神戸では見かけなくなっている気がします。

冬になるとストーブが教壇の前に設置されて、朝からずっとストーブを焚いている状態です。ストーブの上にやかんを置いておいて湿度を確保しつつ、お昼休みに温かいお茶を飲む。そういうのがとても嬉しい小学校時代でしたが、今はエアコンが主流ですね。ストーブは必ずと言って良いほど火傷をする人が出てきますし、安全面でもエアコン一択です。ちなみに寒冷地ならオイルヒーター(スチームヒーター)が全館に張り巡らされていて、むしろ室内なら暑いぐらいになっているようです(長野県での体験談)

一昔前のお肉たっぷりな私なら冬でも半袖短パンマンができたかもしれません。今となっては絶対に無理な服装ですね……。寒い時期に寒いと感じるようになったのであれば、ダイエットは成功しています。脂肪という防護壁が消え去っているわけですから。

先日久しぶりにスーツを着なければならず、とても寒い日なのに春秋用の薄手のスーツしか持っていなかったため、肌着はヒートテック、もちろんカッターシャツの上にはセーターを着て、下には股引タイプのヒートテックを仕込んで、さらに分厚いコートを着てマフラーを巻いて、耳当てと手袋を装備した完全無欠のフルパワーモードで出動したものです。正直それでも寒かったぐらいですが何とか乗り切れました。

ダイエットが成功するのは良いことですが、冬の寒さが骨身に染みるようになってしまうのはちょっとツラいですね……。