コロナ太り解消記録(その82:体脂肪率が減らない)

投稿日:2022年01月07日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

何度か体脂肪率の話題も出していますが、体脂肪率があまり減らなくなってきてちょっと悩んでいます。そもそも私の使っている体重計は、体重自体も200g単位でしか測れない雑なものなので、体脂肪率もかなりいい加減だと思っていますが、毎日測定していると、いい加減なりにも傾向は見えてきます。

身体を流れる電流の抵抗値を測定するような簡易なタイプのもので、風呂上がりとか運動後とか、様々な条件で水分量が異なるため、水分量に応じて測定値が変化してしまい、体脂肪率の測定そのものが安定しません。とはいえ、安定しないものであっても、サマリーでお見せしているように、徐々に減ってきていることは確かです。

今のところ、23.5%ほどで停滞しています。目標としては15%なのでほど遠いのですが、このところ、体重はジワジワ減っているのに、体脂肪率が変わらないという状態が続いています。これはとても良くない状況ですね。脂肪以外の何かが減っている、ということなので、原因を考えないといけません。

まず考えられるのは、筋肉が分解されてしまっている、ということです。困ったことに、人間の身体は適切なバランスが取れていないと、脂肪よりも先に筋肉が分解されて消費されてしまうシステムになっているようです。筋肉は脂肪燃焼を促進してくれる素晴らしい装備なのに、まずそれから脱ぎ捨てていくというのは不思議なものです。

もちろん、当然と言えば当然で、生命維持が基本ですから、エネルギーは可能な限り備蓄しておいて、それ以外の使えるものから使っていこうというのは、何となく理解できる部分です。要するに、人間の身体(に限らず動物全般だと思いますが)は、そもそもダイエットに不向きにできている、ということですね。

この状況になってきてしまうと、筋肉量を減らさずにダイエットを進めていく方法を考えないといけなくなります。私はとにかく筋トレが嫌いで、可能な限り避けて通ってきたのが筋トレです。少年野球や陸上競技、アーチェリーなどいろいろとスポーツには取り組んでいますが、筋トレの時間は苦痛以外の何物でもなかった記憶です。

そんな私が筋トレをしながらダイエットしなければいけない時期に来てしまったのはツラい修行の始まりということですね…。これまで避けていたことに取り組めば、どのぐらい体重の変化が出てくるのか楽しみである反面、やっぱりやりたくないなぁという気持ちが勝ってしまっているので困っています。

やはり、電気的な刺激で筋トレをするようなアイテム(アブトロニックみたいなやつ)を導入するしかないでしょうか…。なんせ他力本願なので、可能な限り楽して鍛えたいのです。なんなら、テレワーク中の椅子の上で勝手に鍛えられてくれるのがベストです。

そういう怠け者な私にピッタリのアイテムをご存知の方がいらっしゃれば是非教えてください!