コロナ太り解消記録(その93:年明け初出勤)

投稿日:2022年01月18日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

遅ればせながら本日はラボへ初出勤でした。片道2時間かかるので、基本的にリモートでやらせてもらえてるのはありがたいところです。とはいっても、現地に行かないとできない作業もあって、今日は久しぶりの出勤となりました。作業内容は大変単純なものでサーバ機の再起動ですが、普通のPCとは違って、再起動したときにきちんとネットワークにつながっているかとかいろいろ確認しないとサーバとしての機能が提供できなくなってしまうので、現地でサーバを目の前にして作業するのが安心です。

最近はクラウドに移行するみたいな話がだいぶ進んできて、逆に自前サーバを用意する方向に戻ってきているというような話も聞きます。オンプレミスというらしいですけども、どうも慣れない言葉なので気持ち悪いですね。ローカルサーバとか自前とかいろいろ言い方はありそうですが、なんでオンプレミスなんていう言葉をわざわざ持ってきたんだろう……と不思議に思っています。

さて、これが何のダイエットだ?という話ですが、そもそも通勤プロセスが大変疲れるのでエネルギーを消費します。また、サーバ機のメンテナンスに限らず、ラボで作業していると脳みそが疲弊するので糖分が枯渇していきます。つまり、出勤そのものがダイエットなワケですね。これまでは、疲弊した身体にチョコレートを食べたり何だかんだと突っ込んでいたのですが、そういうのもやめてしまって、ひたすら消耗する方向に持って行っています。当然ですが、脳みそが疲弊するとお腹が減ってきます。ダイエット効果があるかどうかは知りませんが、エネルギーを消費していることは確かですね。

そもそも脳みそは体内で最も大飯喰らいの臓器ですから、糖分はほとんど脳みそで消費されているのではないでしょうか。つまり、丸一日ひたすら頭を使っていれば、それだけダイエットになるということ……だと思いたいわけですね。ただ、世の中そんなに甘くないのが実情で、ひたすら座って作業していても筋肉が動かないので脂肪燃焼が促進されません。理想的には、脳みそを動かして糖分を消費しつつ、筋肉を動かして脂肪を燃焼することですから、やっぱりロードバイクに乗りながら論文を読んだりオンライン講義を受けたりするのが良いのかもしれません。

普段は本当に座りっぱなしなので、どうにか運動する習慣を着けましたが、まだまだ足りませんね。日々精進です。