極度の頭痛持ち(但し期間限定)

投稿日:2019年06月01日 |カテゴリー:頭痛

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

おくむらは20代前半ぐらいから偏頭痛に悩まされ、20代後半には群発頭痛と呼ばれる悪魔の頭痛に苛まれているちょっとした頭痛マイスターです(そんなのイヤです)。群発頭痛というのは調べてもらえれば分かるのですが、大変苦痛を伴う頭痛で、目の奥で心臓が鼓動していて、その圧力がそのまま目にダイレクトにかかってくるような、とんでもない痛みが集中的に1〜2ヶ月続くという説明していて泣きそうになるほどツラい頭痛です。心筋梗塞、尿路結石と並んで、人生で味わえる三大苦痛の一つと言われているそうです(出産より痛いそうですが、立ち会い出産の経験上、出産の方が痛いのでは・・・と思ったりもしました)。

この1年半ぐらい、頭痛の症状も軽くなってきていて平和な日々を過ごしていたところ、久しぶりにとんでもない頭痛に見舞われました・・・。ここ1年半ぐらいは、耐えれば大丈夫程度の頭痛、ロキソニンで収まる程度の頭痛ぐらいで、のたうちまわる痛さはしばらく味わっていなかったのですが、久しぶりにやられましたね・・・。大慌てで机の奥にしまい込んでいた「自己注射キット」を引っ張り出してきてしまいましたよ・・・。

私の症状である群発頭痛は、群発期と呼ばれる期間に集中的に頭痛が起きるので、その期間はずっと注射を持ち歩いて、大抵は1日に2回ほど注射で暴れ狂っている頭痛を押さえ込んでいるような状態です。予防薬と併用してさらに効果的に対応してはいますが、いきなりドカンとやってくる頭痛の前触れさえ感じる間もないほどなので、後ろからいきなりバットで殴られたんじゃないかと思ったりすることもあります。

そんなときに私を助けてくれる自己注射キットがこちら。

イミグランという偏頭痛の特効薬ですが、通常は錠剤から試します。錠剤は飲んでから効くまでに時間がかかるので、その間ずっと頭痛と闘わないといけないのがツラく、次のステップとしては点鼻薬があります。この点鼻薬は大変「苦い」ので、すぐに辞めてしまう人が多いようですね。私もその1人でした。点鼻薬の場合10分前後で効果が見られますが、その間頭痛と苦みとの戦いです。それはそれでキツいですよね。

現在使用している自己注射キットだとかなり即効性があって、30秒〜1分もすればスーッと頭痛が引いていきます。ただし、余りにも強力なため、しばらく気分が悪くて動けません。キツいお酒を一気にあおったような酩酊感と言えば良いのでしょうか、脳にダイレクトに作用している感覚が気持ち悪いのです。とはいっても、耐えがたい頭痛を抑えてくれるのならたとえ気持ち悪くてもワラにもすがる気持ちになるのは当然のこと。群発期はこれなしでは生きていけません。

どういう構造になっているかというと中身はこんな感じです。

スマトリプタンコハク酸塩というキツーいお薬です

注射器はこんな感じの筒です

打つとものすごい勢いでこの白いプラスチックがバネの力で押し出されてブスッと刺さります

決して、これが針ではないです

さすがに注射針とかそんなものを載せるのも気が引けますので、注射器のキットのみを載せていますが、こんなものを持ち歩いて、頭痛が起きたらバシュッと刺すわけです。人前でいきなり注射しまくるわけにもいかないので、大抵はトイレでやるのですが、これはこれで不衛生な感じでイヤなんですよね。喫煙所とかそろそろ廃止して、インスリンを打つ人もいるでしょうし、注射場とか作っても良い頃じゃないでしょうか。きっと需要はあるはず。

頭痛が酷くて困っている人がこの記事を見たとして、「先生、ネットで見かけたんですけど、注射で頭痛がおさまるって本当ですか?」みたいなことを聞いたところで、処方してもらえるかどうかは先生との信頼関係によります。飲むわけでも点鼻するわけでもなく、自分で直接注射を打つキットなので、言葉は悪いですが「怪しい人」には処方されません。自己管理がきちんとできる人だと先生に分かってもらえない限り、こんな劇薬はもらえないということですね。

金額的な面でも、おいそれと買えるような代物ではないです。1キットに2回分注射器が入っています。それで3割負担で2000円します。要するに、一発撃つたびに1000円かかる、と思ってもらえればOKです。おくむらが群発期に突入してしまうと、ものすごく家計に負担を掛けてしまいます。しかし・・・、これを使わないと仕事も何もできない状態になってしまうので、それはそれで家族に迷惑をかけてしまうのです・・・。群発期にアメリカ出張だった時は本当に大変でしたね。(20本持っていくために20000円かかった・・・)

医療費が高額になると医療控除を受けられるようになりますが、やっぱり健康が一番です。群発頭痛は40代ぐらいになると消失していくと聞いているので、そろそろおくむらも解放される時期が近いのかなとは思っています。久しぶりに襲われた耐えがたい頭痛が、群発期突入のフラグじゃないことを切に願うばかりです・・・。