コロナ太り解消記録(その67:ヘアスタイル)

投稿日:2021年12月23日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

三本ローラーでロードバイクトレーニングしているときと、外に楽しく走りに出ているときの決定的な違いとして、ヘルメットをかぶっているかかぶっていないか、があります。ロードバイクではないですが、以前自転車通勤をしていたときに、一時不停止の車にはねられて大怪我をしてしまったことがあり、その時から自転車に乗るときは必ずヘルメットをするようにしています。ロードバイクならスピードレンジが普通の自転車と違いすぎるのでなおのこと頭の防御は大切です。

ヘルメットをかぶっていると実はあまり気にならないのがヘアスタイルです。そもそもヘルメットをかぶっている時点で、外したときにはヘアスタイルなんてあってないようなものなので、多少長い髪であっても、掻き上げてヘルメット内に収めてしまえば全く気になることがありません。

一方で、室内でトレーニングしているときにヘルメットをかぶることはないので、特に前髪が伸びてくると悲惨です。目の辺りの長さになってくると、目の前でチラチラして鬱陶しいですし、汗をかいてくるとある程度束になってチクチク刺さってくるし、本当に邪魔になります。汗の量が増えれば増えるほど攻撃力も上がっていくので、かき分ける手間も出てきてしまいます。

では、鬱陶しい長さならヘアバンドやヘアピンなどで上げてしまえば良いよね?って話なんですが、それはそれで邪魔なんですよね…。そもそも短いヘアスタイルで髪に何かしら異物(ヘアピンとかゴムとかカチューシャとかまぁいろいろ)を着けること自体が違和感だらけでそもそも着けたいと思わないし、少々伸びたからってそういうアイテムを持っているわけでもありません。

コロナになってから髪を切る周期も長くなってきて、2〜3ヶ月放置して切るみたいなことが増えています。ある程度の長さがある人なら2〜3ヶ月伸ばしてもあまり気にならないはずですが、刈り上げてるような短いスタイルだと、2〜3ヶ月も伸ばすと元のヘアスタイルを想像できないぐらい激変します。1ヶ月に1回ぐらいは切りたいのが本音ですが、外出機会が減るとヘアスタイルも気にならなくなりますよね…。

ただ、そんな状況で放置している髪が伸びてくると、トレーニングの際に邪魔になってしまいます。ようやく久しぶりに髪をサッパリしてきたのでトレーニングしやすくなりましたが、今朝までは本当に鬱陶しかったですね…。気持ち良くトレーニングするためにも、出不精になってしまっている生活スタイルを変えた方が良いのかなと思い始めています。

そんなことを言いながら、次の予約はまた2ヶ月後…。せっかく痩せて良い感じの体型になりつつあるのだから、ヘアスタイルの一つぐらい意識するようにした方が印象良いですよね…。まだまだファッション関係や身だしなみに意識が行くほどメンタル面では改善していないのかもしれません(笑)