コロナ太り解消記録(その52:ストレス)

投稿日:2021年12月08日 |カテゴリー:Blog, ダイエット, 自動車

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

ダイエットそのものがストレスだ、というのはひとまず置いておいて、普段の生活では仕事や学校、子育て、人付き合いなどストレスが溜まることが多いです。無限にストレスを受け続けながら生活しているといっても過言ではないでしょう。何一つストレスなく暮らしている人がいるならすごく幸せなことだと思いますが、赤ちゃんであっても飲みたいときに飲めないストレスを感じていると思いますし、何のストレスもないという人は本当に希有な存在だと思います。

私も毎日毎日謎のストレスにさらされています。イライラして家族と喧嘩してしまったりすることもありますし、その度に罪悪感を持ったり反省したり…。そんなストレスフルな生活の中で体質改善のためにダイエットをするというのは新たなストレスでしかなく、運動できないことがストレスになってイライラしてしまうということもあります。やりたいことがやれないというのは一番大きなストレスですよね。

幸いなことに、ロードバイクに乗っていると、ランナーズハイにも似たような感覚を味わうことがあり、これがものすごくストレス発散になってくれます。30分ぐらい回していると、なんか2時間ぐらい平気で乗れそう?みたいな変な感覚になってきて、回せば回すほど楽しくなってくるんですね。最初の5分〜10分ぐらいは速筋が頑張っていて、なんかもう力仕事しんどいなぁという感じなんですが、10分を超えてくるとパワーというよりも持久力でペダルが回るようになり、30分を超えてくると魔力で回してる!?みたいな変な感覚になります(言い過ぎ)

HP消費からMP消費に切り替わるとなんか超人的な感覚になって気持ちが良いんですよね。こんな簡単に一線を越えてしまうのは良いのかどうか分かりませんが、ロードバイクに乗っていて気持ち良くなる瞬間です。もちろん、ローラーを回しているだけというよりも外を走っている方が遙かにその間隔は強いですけども。ヒルクライムをしていてもなんか追い込まれて変なテンションになりますし。

花粉症という問題はさておきとして、3月4月ぐらいになったら六甲山のヒルクライムに行きたいなぁと考えています。謎のハイテンション、謎の快感モードを楽しみにしつつ、この冬はしっかり身体を絞って体力を着けていきたいですね。それがストレス発散になるというのなら、これほど素晴らしいことはないでしょう。