コロナ太り解消記録(その25:カフェイン)

投稿日:2021年11月11日 |カテゴリー:ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

ダイエットをする!と決意したときに、いろいろと方法や効率を調べる人はたくさんいると思います。どういう食事が良いのか、どういう飲み物が良いのか、運動のメニューはどうすれば良いか、無酸素・有酸素の比率はどうしたら良いか、時間帯はどうしたら良いのか…。考え出すとキリがありません。実際、「過度でなければどれも適当で良いし、グダグダ調べる前にサッサと始めてしまえ!」というのが答えだと思っていますし、そうしてダイエットが少しずつ進んできているところです。

と、いきなり精神論かよ…みたいな冒頭ですが、それでもやっぱりいろいろ調べてしまうのが人情というもの。私も例に漏れず、色んなことを調べては試して、試しては失敗して、失敗してはお肉を装備して…みたいなことを繰り返していました。ただ、そんな中でも本当に効果があるのかないのか微妙なラインのものがあって、「カフェインを取るとダイエットに良い」みたいな話です。大抵のものは、試してみるまでもなく無意味だと分かるのですが、カフェインだけはどうなのかいつも迷うところです。

カフェインを摂取してから運動を始めると、覚醒作用が効いているのか、確かに身体が少し軽く感じますし、運動しやすいなと思うことが多いです。ただ、それがダイエットとして効果があるかというとよく分からなくて、発汗量で比較するならカフェインを摂取しようがするまいが大差なく、本当に誤差の範囲でしかないレベルの違いしかないです。脂肪燃焼効率という観点で考えると、家にある機材では全く測定できないのでさっぱり分かりません。

研究論文として、カフェインを摂ると脂肪燃焼効率が上がる、というものはあるようです。あえてどの論文が、と言う気はないですが、確かにダイエットに効果はありそうな気配です。それを実感できるかどうかというと疑問が残るだけで。

そうは言っても、結局は正しい食生活と適度な運動以外にダイエットを成功させるものって何もないと思っているので、カフェインを摂取するという行為自体が何かのトリガーになって、そのままエクササイズに突入できるのであれば、「ダイエットに効果がある」と言っても良いかもしれません。ダイエットをするきっかけ、維持するためのモチベーションになるものであれば、脂肪燃焼とかそういうものは置いておいても、ダイエットを継続させることに成功していますからね。

私のように、身体が軽く感じるというか、運動しやすく感じる人にとってはカフェインはすごく良いダイエットの味方だと思います。ツラいトレーニングよりも、気楽に楽しめてカロリー消費できる方が長続きしますから。ダイエットには○○が良い、というのはある側面ではそうだろうけども、継続するためには正しい食生活と適度な運動以外にないので、モチベーション維持のためのこだわり、ぐらいに思っておくのが良いでしょう。

自分を甘やかすのは簡単ですし、お肉の鎧をまとうのもまた簡単です。体質的に太らない人もいるそうですが、自堕落な生活をしていれば誰でもお肉の鎧を着ることはできます。ただ、一度着たお肉の鎧は脱ぎ捨てるのに途方もない時間がかかります。初めから太らないのがベストですが、太ってしまったのなら、言い訳しないで食生活と運動を見直しましょう。ド正論ですが、それ以外にスリムな自分に戻る方法はありません。外科的手術とか他力本願な事が頭をよぎると思いますが、努力するしかありません。

一緒に頑張ってスリムな身体を手に入れましょう。