コロナ太り解消記録(その23:時間コントロール)

投稿日:2021年11月09日 |カテゴリー:ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

毎日ただひたすらに三本ローラーを使ったロードバイクダイエットに勤しんでいますが、みなさま、運動する時間は確保できていますでしょうか。正直なところ、何かと理由を付けて「運動する時間がない(だからダイエットできない)」みたいな言い訳をしていないでしょうか。もちろん、多忙な方もたくさんおられますので、本当に時間がないという場合もあると思いますが、たいていの場合、時間がないのではなく、時間を確保しようとしないというのが問題だと思っています。

社会人になると特に実感するのが、運動する時間がないとか勉強する時間がないとか、〜〜する時間がないという言い訳をたくさん考え始めるということです。本当ならそういう自己研鑽のための時間は優先して確保すべきだと思いますが、仕事や子育てに忙殺されてしまい、本来楽しむべきこと、取り組むべき事に時間を割けない(と感じてしまっている)のではないでしょうか。私もそういうある種の呪縛に縛られていて、なかなか運動時間を確保しようとはしなかったなと反省しているところです。

今は、一日の中でここは必ず運動するから、残りの時間をどう割り振るか?という観点で考えています。そうしないと、いつまで経っても運動時間など確保できません。もちろん、家族の協力があってのことという面はありますが、どうにかこうにか時間を捻出しています。すると、とても面白い変化が生まれてきて自分でも驚いているのですが、不思議なことに仕事の効率が上がっていくんですよね。運動時間という固定時間が一日の中で割り振られることによって、空いた時間を仕事にどう充てていくか、家事・育児にどのように割り振っていくかということを考えるようになるので、今までの自堕落な生活が何だったのか?と思うぐらいスーパーマンになれている気がします。

実際、運動をし始める前よりも仕事は進んでいますし、家庭でもちょっとした家事に割く時間や家族と過ごす時間をうまく確保できるようになっています。不思議なものですね。1日は24時間しかないのに、運動する時間を確保することによって、他の部分まで効率化されるわけですから。当然のことながら、効率化の過程で「不要」と判断したものはどんどんやめています。無駄な作業、無駄な仕事に割く時間は本当にもったいないですし、自分でなくても良い仕事はどんどん他に回しますし、その分、自分でなければ出来ない仕事に専念できますから。

時間という財産は、人間全てに共通する資源ですし、それをどのように使うかは使う人次第です。これまでの自分を振り返ると、時間を無駄にしてきたと思うことも多いです。そのお陰で得られたかけがえのないものももちろんあります。ですが、やっぱりもったいない時間の過ごし方をしたなぁと反省するところは多々あるように思います。物事の優先順位をきちんと考えて時間を割り振っていくということに意識を向けると、毎日の充実感が変わってきます。

今の世の中だとカレンダーアプリは山ほどありますし、まず自分の使いたい時間をカレンダー上できっちり確保してから、空いている時間に仕事や勉強を割り振るようにしてみましょう。それだけで随分生活が変わると思います。逆に、勉強する時間と決めておけば、モチベーションが上がらないときでもその時間は勉強時間ですから、何かしらやろうという気にもなりますし、たまには休む時間に振り替えても良いかな?とストレスコントロールにも使えると思います。

限られた時間をどう使っていくかというのはとても大切なことです。今はダイエットに全振りしていますが、ある程度目標が達成されたら、ロードバイクの時間を少し減らして現状維持状態にして、他のことに割り振っていけたらなと思っています。是非みなさんも、時間がないと言う前に、時間を先に確保してから行動するようにしてみましょう。