コロナ太り解消記録(その14:サマリー)

投稿日:2021年10月31日 |カテゴリー:ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

トシを取ってくると時間が過ぎるのが早く感じるようになります。先日のサマリーが昨日のことのような感覚になっていて驚きますね。人生の中で今以上に肉体的にも精神的にも若い時間は絶対に訪れないので、一日一日を大切にしていきたいなと思う今日この頃です。

さて、この1週間の記録です。

ダイエット開始からの体重変化

順調に減少していますね。スタート時から考えると、目標の半分、折り返し地点に来たような印象でしょうか。本日(2021/10/31)の午前の体重は73.6kgと、健康診断時の体重が83.4kgだったので約10kgの減量に成功していることになります。素晴らしいですね。10年前に20kgダイエットしたときの服がまだ残っていて、痩せたらいつか着る!と思っていた服たちに袖を通してみると、少しキツいかな?という程度で無事に着ることができてとても嬉しい気分です。継続は力なりというのがダイエットをしているとよく分かりますね。停滞期っぽいものに悩まれることもあるのですが、全体で見るときちんと減量に成功しているので、こういう記録を残していくのは本当に大切だなと毎週思います。

次は体脂肪率です。

ダイエット開始時からの体脂肪率の変化

体脂肪率はやや減少が停滞気味だったのですが、殻を破ったのか再び減少に転じております。こちらも嬉しいですね。体重の減少よりも体脂肪率の減少の方がダイエットには重要なので、こちらが目標値(15%ほど)まで落ちることが今回のダイエットチャレンジの成功となります。これにはおそらく早くても1年ぐらいはかかると思いますし、少しずつ体質改善のような流れで変わっていくものと思っています。そう簡単に溜め込んだ皮下脂肪が燃えるとは思えませんし、皮下脂肪は体温調整の役割もあるため、身体自体がそう簡単に手放そうとしませんから、長期戦で頑張るしかありません。ダイエットに失敗してしまう理由の一つがこれで、皮下脂肪は手で掴むことができて、明らかに「肉」と分かる何かがそこにあると認識します。そのためダイエットに励むのですが、体重は減っても掴めるお肉の量が変わらないので諦めてしまってやけ食いしてリバウンド、というのが王道です。

体脂肪率を意識していると、たとえそんなに精度の高いヘルスメーターを使っていないとしても、概算ででも知ることによって、身体の何%が要らない肉だから、体重が減っての肉の総量が変わってない…と理解できますし、理解した上で頑張るしかないことに気づきます。そこで努力を続けられるかどうかがダイエット成功の鍵だと思います。そういったことを一切意識せずにダイエットを成功させる人ももちろんたくさんいると思いますが、今の世の中、スマホと連動したヘルスメーターはたくさんありますし、初期投資としてはそんなに悪いものでもないと思いますから、是非データで見るダイエットみたいな取り組みをしていただけたらなと思います。

次回のサマリーでは体重・体脂肪率がどこまで落ちているか楽しみですね。中年ダイエッターのみなさん、一緒に頑張っていきましょう。