コロナ太り解消記録(その138:頭痛)

投稿日:2022年03月10日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

私は大学の頃から偏頭痛に悩まされていて、大学院時代には群発頭痛も併発するという厳しい生活を送っていました。今のところ群発頭痛はおさまってくれているので平和ですが、時々目の前がチカチカして頭がガンガン痛くなる偏頭痛の症状は出てきます。特に、少しずつ暖かくなってくる春先に多くて、気温の上昇とともに偏頭痛率が上がります。

私の体質的に、血管が拡張しやすいそうです。冷やしたりするとだいぶ楽になるのですが、冬場は氷もあまり作っていないので、パッと冷やせるものがなかったりするとしんどいですね。何となく偏頭痛が起きそうな予兆はあるので、そういうときは無理せずゆっくりするようにしています。

……なのですが、ロードバイクダイエットをしていると運動直後に頭痛が出てくることがあって悩ましいところです。冬でも除湿モードのエアコンでトレーニングしているので、そこまで部屋は暑くならないのですが、身体はビックリするぐらいホクホクするので、その流れで頭痛が起きてしまいます。心拍数が上がるからでしょうか……?

先日健康診断を受けたときにも指摘されましたが、私の安静時の心拍数は45ほどで一般的な人と比べると少なめです。いわゆる徐脈という状態らしいですが、スポーツ心臓とも言われていて、スポーツをやっている人は心拍が遅くなる傾向にあるそうです。ロードバイクのプロの選手なんかは、心拍数30という人も居るそうですから、私が45であっても不思議ではないです。そんな私が、140ぐらいの心拍で運動を続けているわけですから、それなりに負担になっているのかもしれません。

また、非常に低血圧な人間でもあるので、いわゆる上が90ぐらい、下が60ぐらいしかないのも問題なのかなと。朝は低血圧のせいで頭痛が起きることもありますし……。こういう風に書いていると、私の循環器系はおかしい状態なのかな?とも思ったりします。頭痛さえなければ健康そのものだと思いますけど、血管の問題で頭痛が起きているなら、やっぱりそれはそれで問題なんだろうなと思います。

幸い群発頭痛の時のようにイミグラン注射を打たないといけないような状況にはなりません。それでも、気休め程度のロキソニンの使用量が増えてしまいますし、頭痛が起きないに越したことはありません。自家製フォアグラ(=脂肪肝)生成マシーンから改善するために始めたダイエットですが、こういう生活に直結してしんどい部分の体質改善も必要なのかなぁと思っています。

40歳を過ぎてくると健康を意識するようになりますね。特に、本厄を終えた身としては、身体の変わり目に注意しないといけませんし、質の高い生活ができるように体質改善も進めていきたいなと思っています。ロードバイクに乗って体力をつけて、どうにかして体質を良くしていきたいとは思いますが、何をすれば体質って良くなっていくのでしょうか。