コロナ太り解消記録(その121:10枚目)

投稿日:2022年02月15日 |カテゴリー:Blog, ダイエット, 自動車

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

さて、今日は少しトレーニング強度を上げるため、ついにリアディレイラーは10枚目(重い方から2枚目)へシフトアップしました。結論から書くと、「想像以上に重い!」が率直な感想です。正直なところ、今までと同じぐらいの感覚でいて、多少重くは感じるだろうけど、そこまでではないと思っていました。実際にやってみるとこれが思った以上にハードでしたね……。

ケイデンス90で回していくというのが一つの目標ではあるものの、最近は80ぐらいでのんびり回すことが多かったです。9枚目のギアだと、80ぐらいで回していると36km/hぐらいになります。一方、10枚目のギアだとこれが一気に上がって、41km/hぐらいになります。この差は自動車で考えれば微々たるものかもしれませんが、ロードバイクとしてはかなり大きいのです。見事に足に来ました。

足に来るということは、太股やハムストリングスを鍛えられるチャンスということなので、苦手な筋トレも同時にできてしまう素晴らしい状況だということです。今のところできることといえば、10枚目のギアでケイデンス75をキープ1時間ぐらいです。これを80キープに持っていけたらかなりの体力向上になりますね。なかなか貧脚なので、まだまだ鍛えていかないといけないのですが、それでも10枚目のギアでも回せるようになったのは嬉しいことです。

当初は5枚目とか6枚目でもしんどかったですし、それでも30分キープすらできていませんでしたから。しかし、これを最も重いギアに変えたときはどのぐらいの衝撃があるのか、ちょっと想像がつかないですね。ケイデンス60ぐらいならキープできるのかもしれませんが、80前後で回せる未来がまだ見えません。トレーニングあるのみ、ですね。

最終的な目標としては、一番重いギアでもケイデンス90をキープできる、というところなので、そうするとおそらく50km/h以上で走ることになるはずです。すごいですよね、1時間あれば神戸から大阪まで行けてしまいますよ。競歩ならゴールしてしまいます。マラソンならゴールしてから気分転換にオマケで走れてしまいます。ロードバイクって本当にポテンシャルがすごいですね。

かなり高価なものなのでホイホイと買い換えられるものではないと言うことも考えて、元々自転車が好きでロードバイクに乗りたいと思っている人は、可能な限り良いものを最初から買った方が良いと思います。すぐにポテンシャルの高い機体に乗り換えたくなりますし、コンポとかいろいろ変えたくなってくるはずです。私の場合、趣味でやるならこのレベルを買っておけば入門としてもほどほどに慣れたとしてもちょうど良いぐらいのものを選んでいるので、まだまだ可能性を秘めている愛車の性能を最大限引き出せるようトレーニングあるのみです。

大会に出る人はみんな最高機種に乗っているわけではなく、私の持っているようなミドルクラスでも上位に食い込んでいますから、乗り手の能力値アップが何より大切だというのはよく分かりますね。なんせエンジンですから。