コロナ太り解消記録(その110:家族の協力)

投稿日:2022年02月04日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

家庭を持っていると、ダイエットをするにしても家族の協力がないとどうしようもないことはたくさんあります。特に、私の場合はまだ下の子が幼稚園にも上がっていない状況なので、子育てだけでも一苦労です。私が運動に勤しんでいる間、パートナーが子守をしてくれているからできるのであって、これが一人で面倒見ながら運動するというのは不可能です。最早柵のようなアイテムでは阻止しきれないぐらいの行動力を持っていますから、どう考えても子育てしながらのダイエットは家族の協力がないと成立しません。

幸い、上の子が大きいので3人目の親と言っても良いぐらい戦力になってくれるのが救いです。私がトレーニングをしていて、パートナーが家事をしていて、その間娘2人で遊んでいてくれる、これは本当にありがたい。逆もしかりで、私が家事をしていて、パートナーがのんびりお風呂に入っていたりしても一緒ですね。幼児を預けられる先があるというのは本当に助かります。上の子の時はどうしようもなかったですけども。

そう考えると、一人暮らしが一番ダイエットに向いていると思います。全部自分のペースで自分のやりたいように行動できますから。ただ、ワンルームマンションなんかで三本ローラーを回したりすると近所迷惑も良いところなので、ジムに通うとか実際に外に走りに行くとかしないと難しいとは思いますが……。そもそもロードバイクは外を走るためのものなので、一人暮らしなら気兼ねなく走りに行けそうですしそんなに困りはしないかもしれません。強いて言えば、出先でパンクしたりトラブルがあったりするとタクシーを使ったりしないといけなくなって出費が嵩む可能性はありそうです。

さすがに中年親父で単身赴任しているわけでもない立場からすると、やはり家族には感謝しないといけません。もちろん、家族を支えるために仕事をして、健康的に仕事を続けるためにダイエットに励んでいるので、家族の理解は得られています。パートナーも子育てがある程度楽になってきたらトレーニングしたいそうなので、その時は私も全力でサポートするのみです。支え合いが大切ですね。

健康でいることがまず第一なので、家族全体の健康が促進されるような生活スタイルが理想だと思います。週末にちょっとしたハイキングに出かけてみたり、サイクリングに出かけてみたりするようなそういう生活を心がけるのが一番じゃないかなと思ったりはしています。暖かくなってきたら上の娘とサイクリングを楽しんだりしたいなぁと思い始めていて、下準備を進めています。できるだけ楽しく長距離を乗りたいのでコース選択も大事ですね。

毎日トレーニングできているのは家族の協力があってのこと、ということを忘れずに頑張って行きたいと思います。