コロナ太り解消記録(その107:外的要因)

投稿日:2022年02月01日 |カテゴリー:Blog, ダイエット

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

毎日頑張ってダイエットを続けているところですが、最近、外的要因でモチベーションが低下中です。理由はものすごく個人的なことだし、もう少しすれば解決する問題なんですけども、そのもう少しの間がどうにもこうにもしんどいのです。ただ時間が過ぎるのを待つだけで良いのですが、その間がどうもそわそわするというか何というか……。気持ちが落ちつかないと運動するにしても結構なエネルギーを消耗するので疲れてしまいます。

逆に、もう少しすれば大抵のことは解決してしまうので、ものすごく前向きになるのは分かっています。そのもう少しの間の過ごし方がよく分からなくなってしまっていて、そわそわし続けているというか、まぁ、そんな感じですね。運動し始めればとても楽しくロードバイクに乗っていられるのですが、運動するぞ!という気力を沸かせるのに少々時間を要してしまっている今日この頃です。

そういうモチベーションの時って、みなさんどうやって気力を沸かせていますか。やる気が出てきたからやるのではなく、やり始めると自然とやる気になっていく、というのは身に染みてよく分かっていて、やり始めるまでの腰がとても重たい人間であることも自覚しています。ただ、その腰の重さが今はいつもの2倍、3倍になってきていて、なかなか動こうとしません。

加えて、こういうモチベーションの時に偏頭痛が出てきたりして、余計に動く気をなくしてしまったりもします。最早何もせずにのんびりしているのが一番良いのではとさえ思ってしまいます。これではダメだ!と夜遅くにようやく気力が戻ってきてロードバイクにまたがっているような、そんな日常を過ごしています。多分、ひたすらリモートワークで人との接点がないというのも大きな理由だとは思います。孤軍奮闘していてもなかなか前に進めませんから。

そういうのももう少しで解決するんですよね。早く時間よ過ぎてくれ……と思う毎日です。もちろん、コロナの影響はあるので、完全にリモートから元に戻るということはないと思いますけど、人間同士の接点が増えるのはやはり良いことだと思います。画面越しのコミュニケーションの方が実は好きですし、本当は家に引きこもっていたい人間ですが、仕事をするときはそれなりに対面でコミュニケーションできた方がメリットがある場合もあります。

支離滅裂になってますが、なかなかモチベーションが上がらない理由を考えていると、今抱えている一番大きな問題の解決が先決だなと思ったところです。しばらくは気合いを入れて運動をやり始めないといけない予感です。