戸隠蕎麦巡り(3店)

投稿日:2019年06月11日 |カテゴリー:Blog

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

おくむらは以前長野県に住んでいたこともあり、無類の蕎麦好きということでほぼ毎週末戸隠に出向いて蕎麦を食べていました。戸隠の蕎麦屋さんは基本的に10時頃から15時頃までの営業です。夜に食べたいな・・・と思っても大抵のお店は閉まっているので素直に駅前辺りで食べた方が良いです。

ガイドブックなどでよく出てくるお店ももちろんそれなりには美味しいですが、いろいろ食べ比べてみると風味の強さやコシの強さなど、お店によって全く違っていることに気付くと思います。弾力がある方が好き、細くて少し切れやすい方が好き、など、様々な好みがあると思いますし、戸隠まで足を運んだのであれば、何店舗か回ってみて、自分の好みのお蕎麦屋さんを見つけるというのも楽しいと思います。

以前住んでいた頃によく行っていたお店を訪問したので、少し紹介してみます。

大久保の茶屋

大久保の茶屋は、戸隠の蕎麦激戦区に辿り着く手前にある「大久保」バス停の目の前にあります。創業は文化2年(西暦1805年)ということで、ものすごく歴史のある建物の中でお蕎麦をいただきます。

山の中にポツンといきなり出てくるので、気持ち良くドライブしているとうっかり通り過ぎてしまう気もします。途中で下り坂に変わって大きく左に旋回する状態になると右手にあります(浅川ループラインから行くなら)。こちらのお店は中ももちろん風流で、自在鉤なんかもぶら下がっている本格的な古民家です。

おくむらの中では、戸隠蕎麦の中でも比較的コシが強くて弾力のあるお蕎麦という印象です。店の裏手の湧き水で冷やしたのでは?と思えるぐらいキンキンに冷えているお蕎麦は大変美味しいです。余談ですが、長野県では雪が降ると適当に雪を固めてグラスに突っ込んで「ロック」でお酒をいただくということもしょっちゅうです。湧き水はそのまま飲んでも問題ないほど新鮮ですね。

北信地方(長野市のある辺り)では、「ボッチ盛り」といって、馬の蹄のような形で蕎麦を盛ります。1人前5ボッチが基本で、半盛りで3ボッチ、大盛りで7ボッチ、特盛りで10ボッチとしているお店が多いと思います。食べさしで申し訳ないところですが、北信地方のお蕎麦屋さんでは、お通しみたいな感じで何らかのお漬物が出てくるのも特徴的ですね。

1ボッチ分ぐらいはそのまま何も付けずに食べて、2ボッチぐらいはツユだけで食べ、最後に薬味を楽しむというのがバランス的に良いと思います。いきなり薬味を全部ツユに突っ込んで、べっちょりと蕎麦全体をツユにつけてしまうと、蕎麦本来の味わいが全くなくなってしまうので要注意です。あくまでツユや薬味は蕎麦を引き立たせるもので、主役は蕎麦ですから、蕎麦そのものの味を楽しむようにしましょう。

山笑

山笑は蕎麦打ち体験ができる戸隠そば博物館の近くにあります。戸隠唯一の10割蕎麦専門店と称しているだけあって、出てくるお蕎麦はもちろん10割蕎麦です。お店の雰囲気はいたってどこにでもありそうなお蕎麦屋さんですが、お蕎麦はとてもこだわりがあるように思います。

こちらのお店のお蕎麦は、粗挽きか細挽きかを選べるようになっており(以前はそんなのなかったんですけどね)、せっかくなので粗挽きを食べてみました。厳密には、粗挽きと細挽きのセットで食べたのですが、写真は粗挽きのみです。

非常に目の粗い蕎麦で、10割蕎麦らしくブツブツ切れます。そもそも、蕎麦自体も5cm〜10cm程度の短いものですし、10割蕎麦らしいなーと実感するところですね。つなぎを使わない10割蕎麦は大変切れやすくザラザラした印象があります。といっても、蕎麦の挽き方によりけりな部分もあるので、感覚的な個人差は大きいかなと思います。

お漬物の代わりに豆の煮込みが出たのですが、これがまた大変美味しくて、蕎麦を食べる合間にちょうど良いアクセントになっていました。また、手前の小鉢では蕎麦を「岩塩」でいただきます。以前はすりがねと岩塩の塊が出てきていたのですが、今は簡易なミルのものになっていて少し残念でした。

そばの実

そばの実戸隠神社の奥社に抜ける手前にあります。ジワジワとその人気を増してきており、最近では14時頃まで満車ということも多い人気店となっています。

おくむら個人の感想としては、こちらのお蕎麦が一番好きです。家族もここが一番好きだと言っていますので、長野にお立寄りの際は是非覗いてみてください。お蕎麦自体もとても美味しいですが、天麩羅もまた同じように絶品です。

そばの実のお蕎麦は他と比べると少し量が少なめです。細い蕎麦をしっかり茹でてからシメていて、細いながらも弾力を感じられる、それでいて大変甘みの強いお蕎麦となっています(某漫画みたいな言い回しになってきた)。戸隠のスキー場からも近いですので、中社付近のお蕎麦屋さんに行くならこちらを推します。

まとめ

お蕎麦屋さん巡りを頑張っても、おそらく3軒程度で力尽きると思います。ものすごく腹持ちが良いので、食べ比べをするために食べ歩くというのも一苦労だったりします。もし戸隠へ行っていろいろ食べ比べてみたい!と思う方は、「そば湯を飲まないようにする」というのを覚えておきましょう。実は、蕎麦そのものよりも、食後に飲むそば湯の方がはるかにお腹が張るんです。

とはいっても、そば湯は風味も良くてとても美味しいし、店ごとに味わいたい!という気持ちもよく分かるので、おちょこに1杯程度の量で抑えておくのが良いと思います。お酒を楽しむ方なら、焼酎の「そば湯割り」が最高に美味しいので試してみてください。蕎麦の風味と焼酎の風味が良い具合に混ざり合って、とても柔らかいお酒に早変わりします。

戸隠のお店の数は30軒とも40軒とも言われます。かなりたくさんありますので、いろいろ食べ比べしてみてください。ここで紹介したお店は比較的有名なところばかりなので、それ以外のお店を堪能するのも一つでしょう。

また、リンクをそれぞれ張っていますが、どのお店も生蕎麦を取り寄せることができます。おくむらは年越し蕎麦は毎年戸隠蕎麦を発注して12/31の日中に生蕎麦を届けてもらっています。一度味わうともう二度と離れられない戸隠蕎麦、是非ご賞味下さい!