配置換えでは解決しないハラスメント

投稿日:2018年05月17日 |カテゴリー:Blog

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

「いじめられる方にも問題がある」

そんなことを言い張る人間がいるような組織に未来がないことは容易に想像がつきますが、残念なことにそれを信じて疑わないみっともないオトナがたくさん居ることも事実です。もし今コレを読んでいる方がハラスメントの被害に遭っているなら、それは加害者の問題であって被害者には何の落ち度もないことを理解しましょう。

ハラスメントの加害者は、巧妙に理屈をすり替えて、被害者にも問題があるように思わせ、さらにハラスメントを悪化させます。ヘタをすると、加害者は周辺の人間まで巻き込み始めて、ますます酷い状況を作り出してくるかもしれません。今まで傍観者だった同僚が翌日には加害者に加担していることなどごまんとあるわけです。

前置きが長くなりました。

ハラスメントは、それ自体がハラスメントを呼ぶ負の連鎖構造を持っているので、今まで味方だと思っていた人、相談相手になってくれていた人であっても、加害者の悪意ある根回しのせいで話が曲解されて、いきなり加害者側に回ってしまうこともあります。こういった構造を考えると、「あの上司とは合わないから部署を変えて欲しい」とか、「別の支店へ異動させて欲しい」と希望を出したところで、同一組織内での配置換えでは根本的にハラスメントが解決するとは思えません。

事実私も、そういった経験はあります。着任前から招かれざる客のような扱いで、せっかく心機一転頑張ろうと思っていても、以前と何ら変わらない(むしろ酷い?)状況になっていたりしました。おそらく、私の知らないところで「悪意ある負の情報」の引き継ぎがあったのでは?と思える状況もしばしば。根も葉もないことでも事実のように伝えられてしまうと最早手に負えません。

この度、職を変えることで初めて気付いたのは、自分のことを全く知らないメンバーと一から関係を築いていけば、何の問題も起きないという当たり前のことがどれだけ幸せかということです。これまでの職にハラスメントを受け続けてもしがみつきたいわけではなかったのに、妙な劣等感を植えつけられて雁字搦めにされていた普通でない心境では当たり前のことにさえ気付けない状況でした(どこの組織も似たようなモノだ、ここでやっていけないならどこでも通用しない、みたいなことを思い込まされていました)。

以前の投稿では自組織の自浄作用は期待できないと書きましたが、そういう困った組織としては私のような人間を排除できたことが自浄作用なのかもしれません。そういう面では、職を変えてWIN-WINという考えもあるのかもしれないですね。

自組織の相談部署はほとんど機能しないですし、配置換えをしたところで、いつの間にかハラスメントを受けていた事実が異動先にも伝わっていて結局何ら変わりのない生活になってしまったりします。是非外部の相談窓口を利用して、プライドを捨ててまでしがみつきたい職でもないなら転職してしまいましょう。「今の仕事で3年は頑張って」みたところで何も生まれませんし、失うモノの方がはるかに大きいです。違和感があるなら迷わず外部で相談しましょう。