大型車の走行位置(理由は推測しています)

投稿日:2018年05月11日 |カテゴリー:Blog

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

一般道にせよ有料道路にせよ、大型車の走行位置で「イライラさせられること」ってないですか?

例えば、大型車が右側車線を占拠していて、追い抜こうと思うと左側車線に移動しなければいけなくなって、さらに遅い軽トラックに蓋をされてしまう・・・とか、高速道路で大型車同士の追い越しが始まって、待てど暮らせど追い越しが終わらない・・・とか。こういうシチュエーションって日常茶飯事だと思うのですが、この辺り、みなさんどう感じられるのでしょうか。

実際、片側2車線の一般道を見てみると、大型車は大抵右側車線に居ます。道路交通法的には、2車線道路の場合右側車線は右折、分岐、合流、追い越し用のものになっていて、それらの行為が終わったら速やかに左側車線に戻ることになっています。3車線以上ある場合は一番右の車線に適用されますね。実際には、ひたすら大型車が右側車線に並んでいて迷惑極まりない状態になっています。

もちろん、これに関しては理由は知っています。もし大型車が左側車線に大量に走っていると、左折車がいて横断歩道を渡っている歩行者を待っているなどの状況になった場合、左側車線の流れが一気に悪くなり、渋滞が発生します。大型車の後ろに居る小型車は先の様子が分からないのでイライラし始めて強引な車線変更をしたりして事故を起こしたりします。こういう状況を踏まえた上で、大型車のドライバーたちが勝手に?協定みたいなのを作って右側車線を走るように「マナー」みたいに定着させようとしているようです。・・・が、道路交通法的には・・・(ry

有料道路で大型車の追い越しがいつまでも終わらない、というのも理由があるのは知っています。いつだったか、大型車(4トン以上?)はスピードリミッターで90km/hしか出ないように制限されてしまったのです。そのため、100km/hが制限速度となっているような有料道路であっても、大型車は90km/hしか出せず、のろのろ運転をしているように感じるわけです。ただ、その大型車のスピードリミッターも、スピードメーターの誤差から数km/hの差分ができてします。A社の大型車はメーター読みで90km/hになっているのに対し、B社の大型車は91km/hとなっている場合が多々あります。こうなると、差分の1km/h分だけ徐々に追いついてしまうわけですね。

では、追いついてきた大型車はどうするかというと、そのままおとなしく左側車線に居てくれれば良いのに、まさかの追い越しにかかります。こうなると、追い越される大型車の長さ分+追い越す方の大型車の長さ分を1km/hで進むという修行が始まるわけですね。そりゃ、いつまでたっても追い越しが終わるわけないはずですよね。時速1km/hって、ナメクジが時速300m/hぐらいなので、たかだかその3倍ですし、どのぐらい「遅い」のかイメージできると思います。こんな場面に遭遇したらイライラするのも仕方ないですよね。もちろん、当事者の大型車のドライバーはもっとイライラしているはずですが・・・(なんか、身体を前後に揺すって、動けー!!って念じているドライーバもいるとかいないとか)

他にも、(主として渋滞している、渋滞しそうなときに)無駄とも思える車間距離を空けて、一向に詰めてくれない大型車も居ると思います。小型車のドライバーはちょっとでも前に行きたいと思ってイライラしているのに、大型車が並んで道を塞いで妙な車間を空けているとイライラが倍増したりします。もちろん、これも理由のある話で、そもそも車間距離って何のために必要なのか?を考えなければいけません。小型車のドライバーは自分の車が安全に停止できる距離と、大型車が安全に停止できる距離を「等価なもの」と思っているところが大問題です。何十トンもあるような大型車を安全に停めるには、それ相応の距離が必要です。「安全に」というのが重要なところで、積み荷を守ったり、危険物を運んでいるならなおのこと周囲のドライバーを守ったりするために車間を取っているわけですね。

こうやって書いてみると、大型車の運転に対してイライラするのはおかしな話なのは十分分かるのですが、やはりそれでも「イライラしてしまう」ことに変わりはなさそうです。お互いに譲り合って気を遣い合って、事故のない快適な運転生活を送りたいものです。大型車は無意味に右車線を塞がない、周囲に車が居るのに追い越しを始めない、というのが大事でしょう。小型車は、大型車の追い越しには時間がかかることを理解する、左から強引に大型車を抜こうとしない、など大型車の特性を理解する必要がありそうです。