出石そばは美味いぞVol.1

投稿日:2018年04月28日 |カテゴリー:Blog

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

私は無類のそば好きで、時々出石まで足を運んで皿そばを堪能しています。長野にも縁があったので戸隠そばもよく食べましたが、ルーツは戸隠とはいえ、やはり地元兵庫県の出石そばは思い入れがあります。おそらく今後もいろんな店に行くはずなので、タイトル的にも通し番号がつけられるようにしてみました。

今回楽しんできたお店は、官兵衛というお店です。こちらのお店は出石の城下町から少しだけ離れたところにあり、店の駐車場が使える便利なお店です。

戸隠でも似たような雰囲気のお店はありましたが、このお店は古風な感じがとても良い印象で、すごく落ち着くところが素晴らしいですね。

中庭っぽいところもあって、風流な雰囲気でおそばを満喫できます。出石と言えば時計台?みたいな印象ですが、数あるそば屋さんはいろんな演出で雰囲気を良くしてくれています。

肝心のおそばは、とても甘くて歯ごたえも良く、美味しく頂ける逸品です。

出石そばはわんこそばのように小皿でたくさん食べるという文化です。どのお店も食べた枚数によって景品をくれたり色紙に書かせてくれたりいろいろ楽しませてもらえます。たいていは、立てた割り箸よりも高く重ねられたら景品をもらえます。

今回は張り切って27枚も食べたので、景品は家族で平均してもらえて、3人分もらうことができました。調べればすぐに分かりますが、せっかくなので景品はご自身の目でご確認くださいませ。

実際に食べたお皿を重ねると割り箸どころの騒ぎじゃなかったです。20枚以上を目指す方は、最初の20枚はつゆだけで食べることをお勧めします。出石そばは生卵やとろろをつゆに加えて食べる文化なのですが、最初からそれらを入れてしまうとすぐにお腹が張ってたくさん食べられません。逆に言うなら、食べる量を少なくコントロールしたければ最初から卵やとろろを入れてみるのが良いですね。

これからもちょくちょく出石そばは食べに行くので、店ごとにレビューできたら良いなと思います。