デスク選びは慎重に

投稿日:2018年04月21日 |カテゴリー:Blog

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

最近はスタンディングデスクというものも流行っているようですが、怠け者のおくむらには後傾姿勢がピッタリで、オカムラのCruise & Atlasを愛用していました。もうかれこれ5年は使っているはずで、コレなしでは全く作業にならないと言っても良いぐらい使い込んできています。

先日の転職に合わせて持ち出せるよう調整していたのですがうまくいかず、前任校に置き去りになったかわいそうなデスクをどうにか回収したかったのですが、科研費で買ったにもかかわらずダメだと言われ仕方なく現任校で新調ということに相成りました。

とりあえずこのデスクは特殊です。座面は低いし椅子は傾いているし、オマケにデスクそのものも傾いています。みなさん、ラップトップで作業しているとき、気付いたら身体がずり落ちて妙な後傾姿勢で作業していたことありませんか?

このデスクは、コンピュータ系エンジニアの最終形態をいきなりプロデュースしてしまう画期的なシステムなんです。着座したら最後、最早立ち上がる気もなくすぐらい身体がフィットして快適なんですね。快適すぎて眠たく…いやいや、気持ち良く仕事ができるってものです。

一説には、このデスクは身体をひたすら睡眠時と同じ安静状態に保つから、身体中の筋力が低下して危険だ、とも言われていたりします。その辺りは、適宜歩き回って座りっぱなしにならないよう心がけていますが、このデスクだと数時間作業していても苦にならないんですね。

もちろん、使う人を選ぶ特殊なデスクです。スタンディングデスクが合う人もいるでしょうし、有名なアーロンチェアがいい人もいます。私はCruise & Atlasをオススメしますが、快適な作業環境を求めている人は、必ず店頭で試してから購入いただいた方が良いと思います。合わない人も多々いらっしゃるようなので、慎重に選んでみてください。

ただ、いつでも最終形態というのはとても快適ですよ!