CC/BCCの問題

投稿日:2018年04月10日 |カテゴリー:Blog

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

仕事で使うメールにしても、プライベートで使うメールにしても、「無駄なメールに対応する時間」ほど無駄な時間はないと思うわけですが、人の迷惑を考えず大量にメールを送りつけてくる人は後を絶ちません。例えば、仕事で名刺交換をしたら、翌日からワケの分からないメールマガジンが届くようになった、というような状況はみなさん経験されていることかと思います。とはいえ、無駄なメーリングリストやメールマガジンは登録解除すればそれ以降は届かなくなるのである意味対応がしやすいものなので、登録解除する手間を惜しまなければ大したものではありません。

問題は、登録解除という方法では対応のできない、「無駄なCC/BCCメール」ですね。私のメールボックスには常に数十件から百数十件のメールがあふれかえっていますが、業務で必要なメールや本当に自分に必要なプライベートメールはその3割もないぐらいで、残りは無駄に垂れ流されたCC/BCCメールです。メールのルールとして、CC/BCCに自分が入っているようなメールはフィルタリングして別フォルダへ隔離するのですが、隔離されたフォルダの未読数が増えていくのがどうしても許せません。性格的に、未読メールはゼロのままでいたいのに、読む必要のないメールがたくさんあります・・・という通知が見えるのは耐えがたい苦痛です。しかも、そういったメールが蓄積されていくと、今度は読んでいないことに対する罪悪感が出てきたりして精神衛生上よろしくないです。

メールのやり取りをしていると、なぜか無関係の人をCCに入れてくる人もいて驚きます。私と相手の1対1のやり取りに、なぜその人がCCに必要なのか全く意味が分かりません。そういうメールが来たときは、おそらく巻き込まれた人も迷惑しているだろうからとCCを全部外して返信するのですが、律儀に入れ直してこられます。ということは、相手は何らかの意図があってCCに入れているわけですが、こちらには全く意図が伝わらないので、プライベートではないにしても、メールのやり取りが流出していることにも納得できない気持ちになります。

何でもかんでもCCしたがる人が周囲にいるのですが、こういう人って何でわざわざ無関係な人を巻き込んだCCメールを大量生産したがるのでしょうか。本人にとっては意図があるのかもしれないですが、おそらくCCされた人にも意図が伝わっていないので、ただの迷惑メールだと思うんですよね・・・。確かに、業務報告の一環として上司にはCCしなさい、というような方針があることも分かりますが、明らかに不要なものを送ってこられると「なぜ?」と考えてしまいます。そもそも私は上司でも何でもないですし。

もっと問題なのは、プライベートな相談メールをメーリングリストでCCしてきたりすることです。メールの相手は、その人だから相談したのかもしれないのに、本人は情報共有のつもりでプライベートな相談内容をCCで垂れ流してきたりします。おそらく相談者は、勝手にメールを共有されたと感じて良い気持ちはしないでしょうし、今後その人に相談しようという気は絶対起きないと思います。こういった行為は、一歩間違えればハラスメントで訴えられてもおかしくないと思うので、そういったメールは問題ありフォルダに隔離して、必要に応じていつでも提示できるように置いてあります。

CC/BCCを多用したがる人と私は水と油のように相容れませんが、チームで仕事をしていてチームの誰が応対しても問題ないように情報共有しておく、といったCC/BCCの使い方は私もします。窓口が自分だけでない場合、「そんな話は知らない」と相手に返すわけにはいかないので、普段は読まないけど情報として持っておくといった目的があってCC/BCCを使います。こういった使い方以外に、CC/BCCが機能することってあるんですかね・・・。私には、「自分が頑張って仕事してるよアピール」にしか見えなくて、それをすることによって、「人の迷惑を顧みない人だな」と評価を下げる役割でしかないのですが。

無駄なCC/BCCメールの知的フィルタリング、AIで何とかならないですかね?