タイヤ交換

投稿日:2018年04月08日 |カテゴリー:自転車通勤

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

健康のためにと始めた自転車通勤も早1年が経ち、走行距離も4000kmほどとだいぶ伸びてきたので、タイヤを新調しました。もう少しぐらいは乗れるのは分かっていたのですが、近いうちに片道40km通勤を目論んでいるので、安全のための投資です。

愛車のPiNARELLOのGAN S号は完成車で700×25cのタイヤが装着されており、細くする気も太くする気もなかったので、同サイズのHUTCHISON EQUINOX 2を装着しました!

タイヤ交換というとチューブも一緒に変えるものかと思っていましたが、購入店の店長曰く、チューブはほぼ密閉空間で使用されているから、そう簡単に経年劣化しないから、パンクするまで使えるよ、とのこと。確かにタイヤ交換の時にチューブ見せてもらいましたが、とてもキレイで1年も使用してきたようには思えませんでした。

交換したタイヤには溝らしい溝がなく、ロードバイクというとこんな感じのイメージのタイヤ!思うようなツルツルの細いタイヤです。

厳密にはツルツルではなくザラザラなんですが、自動車のタイヤのようにパターンがあるわけではありません。ちなみに、納車時から使用していたタイヤには申し訳程度のパターンが刻まれています。

納車時タイヤは前輪だけ回収してきました。自転車は前輪よりも後輪の方が消耗が激しいので、前輪は何かトラブルがあったときのためのスペアタイヤとして残しています。おそらくまだ2000kmぐらいは走れるはずです。このタイヤを勤務先に置いておけば、往路で何かあっても勤務先で修復可能です。

さすがに片道40kmも走って通勤するとなると、様々なトラブルを想定しておく必要があります。今回のタイヤ交換は購入店お願いしましたが、作業工程は一通り見学させてもらい、タイヤ交換の方法はレクチャーしてもらっているので、次からは自分で対応できます。携帯ポンプやタイヤレバー、スペアチューブも準備しているので安心ですね。

その他にもヘッドライトやテールランプも新調したので、その辺りはまた後日取り上げてみようと思います。