Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; Widget_SU has a deprecated constructor in /home/broccoloid/broccoli-farm.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/custom-post-template/plugin.php on line 507
ウィーンの日本食材店|知識情報処理研究室(Okumura-Lab)

ウィーンの日本食材店

投稿日:2020年01月06日 |カテゴリー:Blog, 研究, 調査

みなさま、こんにちは。おくむら(@nori_broccoli)です。

2019年はオーストリア・ウィーンまで国際会議で出張していたのですが、撮りためていた写真を出す機会もなかったので思い出しながら書いています。どこの国に行ってもそうですが、日本食材はどれもこれもとにかく高いです。もちろん、日本で購入する他国の食材が高いのも同じことなので、移住などを考えていると、ふと故郷の味が恋しくなったときに結構な出費になってしまうという感じですね。

さておき、勝手な偏見かもしれませんが、日本の食材を売っているからといって、そのお店のオーナーが日本人かどうかは怪しいです。大抵、中国系か韓国系の方がオーナーで、日本語もあまり通じないようなお店が一般的だと思います(私の知る限り、ですが)。

ここでご紹介する日本食材のお店は、純粋な日本人のお店なので、お店に入ると日本に帰ってきたかのような感覚になれるとても良いお店です。

その名もJAPANMARKT・・・ってそのままですね。どう見ても日本の何かがありそうな、そんな雰囲気を醸し出しています。ちなみに公式Webサイトはこちら


ちょうど私が出張で訪れていたウィーン工科大学のすぐそばだったことと、ホテルへの帰り道の近くだったこと、さらには、その裏にあるNaschmarktのすぐ近くだったことがこのお店を発見できた理由ですね。

食品の陳列棚を見ていると、本当に日本にいるのでは?と思うぐらいの品揃えです。キューピーマヨネーズとか味ぽんとか。わざわざウィーンまで来てそんなもの買わなくても…と思いますが、長期間滞在するとなると必須のお店です。

また、店主の好みからか、日本酒の品揃えがすごいです。これだけのものを取り寄せようと思うと結構なご苦労があるのではと思います。アルコール類の関税も高いですし。

私はめったにお酒を飲まないので、どちらかというとお茶の方が興味津々です。生茶やおーいお茶がウィーンで飲める!というのもすごく嬉しいことです。…が、4€とか5€とか、よく分からない値段がついていますね・・・(大体500円から600円ぐらい?)。そんな高級な生茶とかおーいお茶なんて飲めない!、日本だったら70円とか80円で買えるのでは!?と冷静に思いました。豆腐や納豆もちゃんと売っています。が、これはさすがに取り寄せでは大変なことになるので、現地生産のようですね。これもビックリするぐらい高い。

日本食が恋しくなったらこういうお店があるととてもありがたい、と思いつつも、1週間や2週間の滞在ならさほどお世話になることもないかなと思っています。一方で、全然違う用途でこのお店を利用していました。

「情報収集」

これですよ。日本語で現地の生の情報が手に入るって、何物にも代えがたいとは思いませんか? 私もウィーンに着いた直後はいろいろと損してしまったこともあるのですが、このお店でウィーンでの振る舞い方、過ごし方をレクチャーしてもらってかなり充実したウィーン滞在ができました。

「高い高い」と文句ばかり書いているような気がしますが、ある意味情報料として、お茶とかいろいろ買っていったりもしています。自分で悩みながら散策するのも旅の楽しみではありますが、ダイレクトに面白いところに行きたいと思うのもよくあることですよね。

こちらの店主のお写真はいただいていませんが、大変感じの良い初老の男性が切り盛りしています。もしウィーンに滞在されることがあれば、Naschmarktに立ち寄るついでにでも是非覗いてみて下さい!